故人の思い出の品・形見を処分したくない方

故人の思い出の品を処分ではなく受け継いでほしい方へ

遺品整理は処分だけが選択肢ではありません

お亡くなりになった方が大切にしていたもの、日常的に使っていたもの、それらを処分するのに抵抗感があるのはごく自然なことです。遺品整理のご依頼主様、ご遺族様、もしお悩みなら遺品、特に思い出の品について処分という固定観念を手放してみませんか。

故人の思い出の品

遺品整理ふくろうは、ご相談やお見積りの際に、物品を処分するには大きく3つの方法があるということをお伝えしています。それは次のように分類されます。

  • ①代金をお支払いして引き取れるもの(作業料金との相殺も含む)
  • ②値はつかないがリユース、リサイクルができるもの
  • ③処分するしかないもの

思い出の品にもいろいろなものがあります。代表的なものでは、写真、アクセサリー、衣服などが思い浮かびますが、故人の気持ちを考えると捨ててしまうには忍びないものです。思い出の品も処分ではなく、有料か無料かは別にして、誰かに再利用してもらえれば喜ばしいことです。

「思い出がよみがえってつらい、捨てられない」
この思いが遺品整理が進まない原因にもなってきます。

故人様がお亡くなりになったショックが強く、その気持ちが癒されない状態で遺品の整理を始めるのは非常につらいものがあります。遺品となった品にまつわる思い出が蘇り、手が止まってしまわれる方も少なくありません。特に写真や、よく身につけられていたものなどは胸が締め付けられる思いもあるでしょう。
しかし、故人様のお住まいが賃貸である場合など期限のもうけられた物件ですと、どうしてもつらい気持ちを乗り越えなければならないケースがあります。そのような際に思い出の品をどうするのか、また悩むものです。
少しでも故人様の思い出の品を活かす方法がありますので、本記事をぜひご一読ください。

上記のようなお悩みをお持ちの方にもぜひ活用してほしい方法があります

遺品整理で回収した品物の行方

故人の気持ちを大切にするのであれば、まず遺品をなるべく捨てないようにしたいものです。一般的に遺品整理の現場で分別された品々は、以下のような行き先に落ち着きます。行方はそれぞれですが、なるべく再利用や再資源化で故人の思い出を傷つけずに行方を見守りたいものです。

遺品整理で回収した品物の行方

アクセサリー、貴金属、美術品など価値のある物品はご遺族で形見分けされると故人もお喜びになることでしょう。また値がつく家電製品や家財道具などは買取りが可能で、遺品整理料金と相殺すれば節約になります。この場合、整理品は国内の業者専用市場などで次の持ち主を探すことになります。リユースの場合は主に発展途上国に輸出され、リサイクルの場合は再資源化で生かされることになります。品物の状態が悪い場合やもう使えない場合は処分となりますが、これについては故人もご納得いただけるものと思います。私たち遺品整理ふくろうは、買取り、リユース、リサイクル等について独自の提携ルートを持っていますので、思い出の品の整理に関してもお役に立てると思います。お気軽にご相談ください。

思い出の品にはどのような種類がある?

好きなものや大切にしているものは人それぞれです。故人の思い出の品にはどのような種類の品々があるでしょうか。よくあるのは次のようなものです。

  • 美術品
  • 宝石
  • アクセサリー
  • 骨董品
  • 高級時計
  • アルバム
  • ビデオテープ
  • コレクション(アンティーク、壺や皿、プラモデル等のホビー類、レコード、石など)
  • 写真

これらは故人やご遺族にとっては思い出の染みついた大事な品々です。形見として分ける場合や遺族の家に残す場合はよいのですが、どうしても手放さなければならない場合は、なるべく思い出を色褪せさせない方法で済ませたいものです。

思い出の品を色褪せさせない方法を解説

01

思い出の品を大切に引き継ぐ形見分け

形見分け

故人の思い出の品や価値のあるものについては遺品整理の際に仕分けし、ご遺族で形見として分け合うこともあります。形見分けの方法はお客様次第で、特にこうしなければならないという決まりはありません。ご遺族の話し合いで自由にお決めいただきます。遺品整理ふくろうとしては、形見として残すものと残さないものを分け、シンプルに分別しておきます。こうしたケースでは「何を形見分けにすればよいかわからない」というご依頼主様もいらっしゃいますので、その場合は弊社なりのアドバイスをさせていただく場合もあります。

02

故人もきっと喜ぶ再利用買取りは思い出の品を生かす道

買取りは思い出の品を生かす道

遺品整理ふくろうが作業料金と相殺で引き取れるもの、すなわち買取りですが、それができる品物には次のようなものがあります。高級アクセサリー、まだ着られるブランド衣料品、年式の新しい家電製品、市場価値のある趣味の品など。これらには再利用の道があります。代金を相殺することで遺品作業料金が安くなるのも魅力です。

03

次の場所で生きるリユースやリサイクルで活躍

リユースやリサイクルで活躍

値段はほとんどつきませんが、リユース、リサイクルで再利用できるものもあります。リユース品は日本ではあまりニーズがなく、ほとんどが海外(発展途上国)に輸出されます。リサイクルは“もったいない”意識の高まりもあり、国内外を問わずさかんに取引されています。リサイクル市場では遺品整理で出た思い出の品に限らず、多くの家財道具や雑貨が流通しています。

04

心をこめて僧侶がご供養合同供養後にお焚き上げ

合同供養後にお焚き上げ

思い出の品でありながら、処分するしかないケースも多々あります。遺品整理ふくろうでは、特に故人の思い入れが感じられるものについては僧侶のもとで合同供養してから処分します。仏壇、仏具、神棚、写真、アルバム、人形、眼鏡、お気に入りの衣服などは、ご供養後にお焚き上げとなります。遺品整理ふくろうは、基本的に顔のついたもの(人形、ぬいぐるみ、置物など)はご供養したほうがよいと考えています。なかには「故人がいつも寝ていた布団を供養してほしい」という例もありました。どのようなご要望でも心残りがないようお気軽にご相談ください。この合同供養は無料で、遺品整理のご依頼主様やご遺族の方も参列することができます。

想いでの品を活かす方法は費用を抑えるメリットもあります

遺品整理ふくろうの場合は古物商の許可もあり、リサイクルやリユースに活用するルートを持っていますので、買取りについても適正にお引き受けいたしております。有料で引き取れるものがあれば、その分を遺品整理料金から差し引くことができます。ご依頼主様も買取りできそうなものがあれば、一度、ご相談ください。

買取させていただいたものは、別の方の手にわたり、再び大切にしていただく機会を得ることになります。
故人様の思い出の品を活かす、1つの方法としてご検討ください。

買取を利用して費用を抑えた料金例

CASE.25LDK

見積・請求ともに640,000

作業量 2tトラック3台分
作業人数 12名
作業時間 1日
発見品 通帳、印鑑、古い現金

見積(ご請求)計算式

(基本料金)00,000円 - (○○買取)00,000円 - (リユース)0,000円

=(お見積り・ご請求)00,000円

思い出の品を生かすうえで知っておきたいこと

ご依頼主様が遠方の場合

遺品整理のご依頼主様が遠方にお住まいで、作業当日に立ち会えない場合は、基本的にお電話で連絡を取り合うことになります。捜索するもの、買い取るもの、処分するもの等の件でお電話させていただく場合があります。遠方におられる場合でも、ていねいに対応いたしますのでご安心ください。

ご遺族が集まれないときは「形見分け配送」

形見分け配送

遠方などの理由でご遺族が容易に集まれない場合は「形見分け配送」をご利用いただけます。これはご遺族が電話等で連絡を取り合い、誰が何を受け取るか決めた上で、遺品整理ふくろうが指示に従い形見を配送するサービスです。詳しくはお問い合わせください。

実例!思い出の品の発掘で注意が必要なケース

実例.01思わぬ危険物

思わぬ危険物

故人の思い出の品にはときおり注意を要するものが出る場合があります。実際にあった事例ですが、押し入れの奥の引き出しにあった新聞紙で包まれた頭巾を開いてみると拳銃が出てきたことがあります。おそらく故人が戦争中に持っていたものと思われます。このような場合は、思い出の品だからといって、そのまま残すことはできません。発見したらすぐに警察に連絡し、預かってもらうのがベストです。なぜなら無資格で銃を持つと銃刀法違反になるからです。もし遺族の方が銃砲刀剣類を持ち続けたいときは所有する免許を取らねばなりません。こうしたケースでは特段の注意が必要になります。

実例.02異臭と細菌

異臭と細菌

思い出の品といえば、故人がいつも着ていた衣服や、大切にしていた衣服も含まれます。これら布製品を処分せずに残すとき、注意したい点があります。それは特殊清掃がらみの遺品整理から出た場合です。特殊清掃は事件、事故、自殺、孤独死などの現場から異臭、血液、体液などの汚染を除去するもの。そういう部屋から出た衣類は臭いだけでなく細菌の繁殖も考えられるので特段の注意が必要です。残すときは、消毒、殺菌を完璧にするようにしましょう。それをすることで臭いも落ち着くことがあります。

実例.03害虫

害虫

ゴミ屋敷のような現場から思い出の品や形見を取り出すときは、脱臭、消毒、殺菌だけでなく、害虫駆除にも配慮するとよいでしょう。ダニ、ノミ、ゴキブリなどが卵を産み付けている可能性があるからです。害虫はしっかり駆除するようにします。

残すか処分するか迷ったときは「一時保管サービス」をどうぞ

一時保管サービス

思い出の品を残すか処分するか、即断即決できない場合もあると思います。特に遺族が多い場合はいろいろな意見が出てなかなかまとまらないということになりがちです。そんなときのために遺品整理ふくろうでは一時保管サービスを承っております。これは思い出の品や形見、あるいはご供養した後の遺品などを、短期間に限りお預かりするサービスです。これにより時間的な余裕が生まれ、気持ちが落ち着かれたら、お引き取りいただくか処分するか決めていただきます。

保管後お引き取りを決めた際の消臭等について

一時保管後にお引き取りを決めたもので、必要があれば消臭(オゾン脱臭で悪臭を取る)、消毒(消毒液で払拭)、殺菌(二酸化塩素の噴霧)を施させていただきます。

任せて安心!思い出の品の取り扱いは遺品整理ふくろうへ

遺品整理というと家財道具や不用品を処分することばかりに気を取られ、故人の思い出の品をどう扱うか、価値のある品を買取りに出して作業料金と相殺するか、遺族での形見分けをどう進めるかなど、いろいろと迷うことが出てきます。ご遺族が多い場合、ご依頼主様はこれらの品の行方を決めるのに苦労されると思います。思い出の品をどうするか、迷ったときは遺品整理ふくろうにご相談ください。スタッフが豊富な経験と実績をもとに、最善の方法をアドバイスいたします。

思い出の品に関する対応の流れは、おおむね次のようになります。

思い出の品に関する対応の流れ

ご相談・お見積もり無料0120-177-296