お引越しが決まりお部屋の片付けとご家族の遺品整理のご依頼 東京都渋谷区

物件状況・間取り: 2階建 5DK+アトリエ

お客様のご要望: 一緒に確認しながら仕分けていきたい

事前に認識された注意点: 物量がかなりあったため一つ一つ確認しながらお客様のペースに合わせ進めて行くようスタッフに呼びかけた。

荷物の量: 2tトラック8台分

作業時間: 1日あたり4〜5時間

作業の流れは以下の通りで行いました。

1stお客様に残しておきたい大切な物、探している物の確認
2ndお客様と一緒に必要品・不用品の確認と仕分け作業
3rdお爺様の思い出のアトリエのお片づけ
4th2階のお片づけ
5thお庭のお掃除

引っ越しの日まで現在のお家で生活するため必要な物・残しておきたい物の確認

渋谷区で一人暮らしをしているお母様がお引っ越しをするということで娘さんからのお片付け依頼をいただきました。
5LDK+アトリエのある大きなお宅です。今回はお部屋の数が多いため3日間の作業になり2トン車トラック8台分になりました。
1日の作業は4〜5時間程です。

作業1日目のまず最初に行うのは残しておきたいものの確認からになります。
物量が多いお家も珍しくなく残しておきたいものがいくつかあるという方は多いです。

物量が多くなるとお客様自身もどこに何があるのか分からなくなってしまっていることも多いです。

間違って処分してしまわないように思い出のある物、故人様が大切にしていた物、探している物などは必ず作業前に
確認をしスタッフ全員にも把握してもらっています。

今回は引っ越しまでしばらく日にちがあるため現在のお家で生活をするため必要になってくる物の残す確認作業も時間をかけ行いました。

事前にお母様自身で必要品、不用品の分ける作業をしてくれていましたがお家がとても大きく全て確認し分けることが難しい状態でした。
そのため確実に処分して良い物のお片づけをしながら作業を進めて行きました。

なかなか処分するか決めることが苦手なお客様には焦らないで決めれるようスタッフが少し提案をしながら進めています。
そうするとお客様も納得して気持ちよく手放せる方がほとんどです。

どんどん思い出のある物たちが箱詰めされて運ばれてしまうこともないのでお母様も安心しながら確認作業ができていました。

こちらが今回残す物となりました。

ほとんどの物が必要なもの・不必要なものと分けることができましたが最後まで悩みたい物もありましたので3日目の最終日まで考えることができる時間も作りました。

誰もが知っている有名な銅像を製作したお爺様のアトリエのお片づけ

こちらのお家で最も荷物が多かったのがお爺様が作業部屋として使っていたアトリエです。
お話を伺うとこちらのお家のお爺様が有名な彫刻家だったそうでお家にアトリエがあるそうです。

天井も高くかなり広めのアトリエで多くのもので溢れていました。機材や彫刻に使う材料、作品がありかなり大きく重たい物が多かったので女性だけでは片付けが難しいお部屋でした。
私たちのような知識のないものから見るとどのように使うのか分からない物が多かったのですが、故人様がどれも大切にお使いになっていたのがよくわかります。

このように思い出もあり、お片づけも大変なお部屋というのはどのタイミングで整理したら良いのか分からないですよね。
お客様も手をつけれない状態だったようですっきりとしたお部屋に喜んで頂けました。

無事にお引越しも済まされたということでこちらも安心致しました。

1番物量があったお爺様のアトリエ

作業前と作業完了後の比較です

一覧へ