相沢 元 | 遺品整理ふくろう-東京・神奈川・埼玉・千葉

社員紹介

相沢 元アイザワトオル

仕事に対する拘り

人の痛みを感じられる仕事をする。
丁寧な作業を心がけ、故人様が伝えたかった言葉を、一つでも多くお伝えし、ご依頼者様のお気持ちに寄り添い、ご満足できる遺品整理が出来るよう、お力添え致します。

私が遺品整理のふくろうの仕事に携わる事となった理由

私は、宮城県にて、東日本大震災を直接体験致しました。
当時の地獄画のような光景、周りは悲しい顔ばかりで、笑顔すら見えない毎日でした。
それでも人というのは、とても強いもので、一人では立ち上がれなくとも、生き残った家族や、全然知らない他人ですら、笑顔を取り戻すために、必死に協力し合う事に心を打たれ、
自分も誰かを笑顔にしたいなと思いました。
そんな中、ふくろうに出会い人の気持ちを考え思いやりを持つことの大事さを教えられました。
遺族に変わって遺品の整理をするという事の責任の重さをしっかりと感じご依頼者様の気持ち、故人様の想いを聞き、感じ、現地の状況をしっかりと見て正しい判断で提案をさせていただき、信頼、安心、誠実をモットーに見落としのないお見積り、丁寧な作業で価値のある遺品整理と思っていただけるように形にするのが役目だと思っております。